正確なシロアリ駆除費用相場を知るためには知識が必要
安すぎても高すぎても要注意!~業者選びは慎重に~
シロアリの生態を知ると狙われやすい場所が分かる
業者に任せると雨樋もきちんと直せる~保険が適用される場合がある~

雨樋の故障がシロアリ発生の原因?巣を作りやすい条件があった!

シロアリ被害が大きくなりやすい環境~雨樋の故障は要注意~

被害の大きさによってもシロアリ駆除費用相場は異なります。特に雨樋が壊れた住宅では被害が大きくなることが多いです。では、どうして雨樋が壊れてしまうとシロアリの被害に遭いやすいのでしょうか。シロアリの生態について詳しく見ていきましょう。

シロアリに好まれる住環境一例

  • 雨樋が壊れている
  • 雨漏りが起きている
  • 室外機からの水が建物にかかっている
  • 水回りにカビが発生している

建物が水に触れると腐敗や劣化が進みやすくなります。そうした住宅の場合シロアリが寄ってきやすいです。

シロアリの生態について

湿気が多いと寄ってくる理由
シロアリは光や風に弱いという特性を持っているので、通気性の良い場所を嫌い、湿気の多い場所を好みます。そのため、雨樋が壊れて湿っている壁や、雨漏りが発生している建物にシロアリが発生しやすいです。光や乾燥を避け内部に潜り込んでいるので、表面から見ただけでは被害の大きさが分かりません。
乾燥から身を守るために蟻土を作る
光や乾燥を避けるためにシロアリは蟻土(ぎど)と呼ばれるものを作り、その中に身を隠します。蟻土というのは土などで作ったトンネル状のもので、壁などに沿って作られることが多いです。湿気の多い木の内部には直接潜り込むことができますが、そこに辿り着くため蟻土を作って生活します。蟻土がどういったものか知ることでシロアリの発生を見逃さないようにしましょう。

シロアリ発見の確認ポイント

シロアリ駆除を依頼するべきか迷っている場合は、巣ができているか判断しましょう。自分でも確認できる方法がいくつかあります。

こうしたポイントを調べるとシロアリ被害が分かる

前述した蟻土があるかということの他にも、シロアリの発生に気付くためのポイントはいくつかあります。分かりやすいものとして、シロアリの羽や糞が大量に落ちている場所にはシロアリがいることが多いです。その他、床板などの上を歩いたときに浮いている感覚がしたり、軋んだりする場合も被害に遭っている可能性が大きいでしょう。

TOPボタン